funnydad's diary

マジック&バルーンを趣味とする、変なオヤジの日常日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジクロルホス検出!?

≪ジクロルボス≫
 有機リン系殺虫剤の一種。茶殺虫剤として広く使用され、薬事法の劇薬、毒劇物取締法の劇物に指定されている。ヒトに吸収されても通常はほとんど排せつされる。ジクロルボスの殺虫剤を体重1キロあたり6?12ミリグラム飲んだ患者には、重度の貧血による衰弱、神経への影響が報告されている。
ライブドアニュースより。


はい、うちでも取り扱いしています。夕べのNHKでは商品名が流れていましたが、ここでは原体名の「ジクロルボス」のみ記載します。
なぜなら「ジクロルボス」や「メソミル」など原体名で農薬を買うお客さんはほとんどいません。
たとえば一昔前の薬剤で「グラモキソン」というものがありました。ボトルにはその名前が記載されて、内容に「パラコート○○%」と小さく記載しています。この場合商品名は「グラモキソン」、原体名「パラコート」となり、普通の農家さんは商品名を指定して購入されます。
 ですので、原体名を指定して買いにこられた場合、販売する側は「違和感」があるのです。
 特に原体名「メソミル」という農薬は野良猫やカラス駆除などにたびたび目的外使用されるみたいで、「飼い犬が誤飲して死亡」などニュースにもでたりします。
 一般の農家さんは「○○○○○45DF」と商品名を言うことから、原体名を言う飛び込みのお客さんは気をつけるように指導されたりもします。


農薬は文字が示すとおり農業用の薬で、正しい要領と用法を守れば人間に害をなすものではないと思っています。しかし、目的を変えると今回の事件のように毒にもなります。


特に、今回の中国製毒入りギョーザ事件の様な使い方は絶対にあってはならないことです。
関係業界の末端にいる一人として、原因の早期解明を望みます。
  1. 2008/02/06(水) 07:20:27|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funnydad.blog110.fc2.com/tb.php/96-29687f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。