funnydad's diary

マジック&バルーンを趣味とする、変なオヤジの日常日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災から2ヶ月。

東日本大震災から2ヶ月がたつんですね。




昨日、パソコン自作の師匠が来た。

彼は年下だが、うちにあるデスクトップはすべてかれの作。


彼はあちこちから頼まれては作っているが

実費のみ。



彼曰く「だって、中古部品かき集めて作ったのって、保障できないでしょ

だから、安心できる人にしかゆずらないし」

確かにそうだね。

うちも、トラブルが起きても電話でやりとりして、ネットで調べて

出来ることは自分で対応するしね。



しかし、彼の作成したパソコンはトラブルが少ない。

まぁ、オフィスとネットに特化した

ビジネス用に調整してもらっているせいもあるだろう。




しかし、その彼の実家が被災した。

自宅の写真を見せられると、絶句だった。





本人曰く、

家族、親戚は全員無事だったし

運よく両親は住むところが見つかったし、

もしものときは自分のアパートに来ればいいし

両親とも年金暮らしになったばかりだし。

2年は保障してくれるから、

あわてずに様子をみさせてますわ。

と。



「生きてるだけでまるもうけ」



彼を見ているとそんな言葉が浮かぶ。




しかし、震災から2ヶ月が経ち

岩手県は内陸にある自分のところは不自由が無く

ともすれば「遠くの話」となりそうな雰囲気だった

自分に気がつく。




未だにライフラインが復旧しないところ

避難所で2ヶ月過ごしている方々

帰らぬ家族を待つ子ども、

見つからない家族を

せめて姿だけでもと探す家族。



宮古、山田、大槌と

何度か被災地に支援物資を届けに行き

ショックを受けてきた自分はどこに行った?






現実は未だ続いている。

同郷に暮らすものとして

常に頭においておくよう

自分に言い聞かせた

震災後2ヶ月目だった。
  1. 2011/05/11(水) 05:05:39|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funnydad.blog110.fc2.com/tb.php/461-a125eafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。