funnydad's diary

マジック&バルーンを趣味とする、変なオヤジの日常日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「そうか、大変だな。オレ友達第一号」


福島の小学生、避難先で避けられる 千葉

< 2011年4月14日 15:27 >
 東日本大震災で被災した福島・南相馬市の子供が避難先の千葉・船橋市で先月、地元の子供から避けられるなどしたという情報が、市の教育委員会に寄せられていたことがわかった。

 市教委に市議から寄せられた情報によると、南相馬市から避難して公園で遊んでいた小学生の兄弟が先月中旬、地元の子供に「どこから来たの」と聞かれ、「福島から」と答えた。すると、地元の子供は、「わー」と叫んで逃げていったという。

 情報提供を受けて、市教委は市内の小中学校に「避難者の気持ちを考え、思いやりをもって接するように」などと通達を出した。

 放射線医学総合研究所は「放射線はうつるものでもなく、他の方に影響を及ぼすことは全くありません」と冷静な対応を呼びかけている。


◆日テレNEWS24◆より
元記事→www.news24.jp/articles/2011/04/14/07180929.html





「そうか、大変だな。オレ友達第一号」

なって、握手をしてくれる話もあるでしょうが、

悪いほうがニュースに上がるのは国民性なのかな?

この後は、千葉県民を悪く言う。

千葉も福島も友人や知人がいるし

悪く言われるのは悲しいです。




この大変な時期に、国内でもめている場合じゃないでしょ、

どうせ、海外では「日本人=放射能を発生する」

という認識なのだろうから。

国内では手を取り合って行こうよ!

と言う本音は、海外の皆さんに怒られるかな?





岩手にきたら

「よぐきたな、まんずねまれ」

「おじゃっこでもあがれ」

「じゃじゃじゃ。おめはん、てぇへんだったな」

という対応したいですね。





放射性物質・・・焚き火のときに上がる火の粉。

放射能・・・熱いと感じる部分。

たぶん目に見えない火の粉が舞い上がり、

それが熱を帯びている間は放射能を出し続ける。

しかし、一定の期間後には灰になって無害になる。



だから、避難指示があるところでは

やけどをしないように肌を露出しない

服には付着するので処分する。

水で流せる。



と言う対応。



一日程度で灰(無害)になるので

周囲には無害である。




と言う認識していました。








ニュースも学者先生も

専門用語をうまいたとえでわかりやすくして

伝えてくれれば良いのにとおもうのですが。


1ミリシーベルトを、あえて1000マイクロシーベルトと言い換えて

さも大きい数字と見せている感じがするのはボクだけかな?



ついでに、ベクレルなんて出てきたり。



表記のマジックで不安を煽り

ニュースに釘付けにして

視聴率をとろうなんて

考えていないでしょうね?




・・・マジックはいっとき、

不思議な空間にいざない

人を喜ばせ、

夢を与える技術だと思っています。
  1. 2011/04/25(月) 06:23:10|
  2. 東日本大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funnydad.blog110.fc2.com/tb.php/422-50864edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。