funnydad's diary

マジック&バルーンを趣味とする、変なオヤジの日常日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災から半月・・・。岩手県の内陸で思うスタンドマン。

※ 後半、愚痴になったので、余白を多く取りました。

読まれる場合はそのつもりでお願いします(^_^;





























震災が起こり、

スタンドマンとして

燃料販売店として

新聞販売店として

出来る限りのことをやったと思う。




震災、停電。

手動ポンプの稼動と発電機の準備。

どのきっかけかわからなくなったが

ワンセグの津波の映像を見て

周囲の停電状況



「油がこなくなる!」と判断した瞬間。

恐怖と不安、そして子供たちの顔。



とにかく出来ることはやる。

不安な顔は見せない。



自分に言い聞かせた3日間。

そして、月曜。

電話が復旧しない状態での情報収集。

仙台の配送センター被災による

カメイからの絶望的な連絡。



とりあえず、周囲の情報に流されず

緊急車両を選定してそれぞれに連絡。

燃料の販売を絞る。




同時に、新聞の配達不能のお詫びの文章を作成

折り込む。



疲れと、続く余震の不安でうまく回らない頭。






そんな時

周囲のスタンドにローリーが到着したという情報をもらい

疲れが吹っ飛ぶ。


「燃料が供給される、遅くとも希望はある」





そして、半月が過ぎた今。

ガソリン騒乱は落ち着き始めています。



昨日は、

「会員、現金会員、燃料メーターのランプが点灯した車両のみ給油可能」

と店頭に表示したら、

ガス欠不安の車は2台ほど来店。



通常の半分以下の燃料入荷量に対して

開店すると通常の倍以上の販売量となる異常事態



セルフや広域販売スタンドの場合

地下タンクが空になってもかまわず販売。



しかし、地元に家もあるうちらのような個人スタンドは

本当に緊急事態の場合、官公庁には無いとは言えない。

言いたくない。



その差は、ローリーが来るたびに開けて

空になるまで販売するスタンドを引き合いに出されて

「何でお前のところは売らんのだ!」

とか

「隠しているんだろう」とか言われる。




「満タンに出来るスタンドは、いいスタンド」

「給油制限しているスタンドは、悪いスタンド」

twitterを見てるとそのような風潮なので

この記事はmixiでのみ書こうと思う。




でも、不公平だよね。



まぁ、大体は、落ち着いたら安売り店に行く

普段は来ないドライバー(売買がないから客ではない)。

昨日の業界紙にでも、

「相手にはするべきではない」と書いてあった。





また、緊急車両の定義もどうなのか?

警察、消防、役場の防災指令車。

病院の車両。

電力の下請けの下請けの孫の孫。



震災後の緊急車両指定、

岩手県は証明書を乱発し

現場は混乱。






規制緩和をして

備蓄義務と、セルフ化を促進させた結果

官公庁でも給油が出来ない事態。



自分で自分の首をしめただろう。




原発の現状もあり

オール電化、電気自動車の普及もブレーキがかかりそうな状態。





燃料の運用はどうするのか、

多くのスタンドの地下タンクは

この前の耐用年数の法改正で

何もしなければ、あと数年しか使用できない。







なんて、考えつつ

毎日のことに忙殺されて

ちょっと、不満の捌け口にしてしまった

今日の日記でした(^皿^)
  1. 2011/03/29(火) 08:05:15|
  2. 東日本大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funnydad.blog110.fc2.com/tb.php/412-873791c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。