funnydad's diary

マジック&バルーンを趣味とする、変なオヤジの日常日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災から10日、ちょっと振り返るスタンドマン。

ガソリン続報 2011年3月20日
◆ガジェット通信より◆


一日おき、量も最低量の2000?

油種は選べず1油種のみですが、

こんな田舎の小さいスタンドにも

燃料が届きました。




タンクローリーの運転手は

乗ったら1日降りれないと疲労の色

缶コーヒー程度だけどと手渡し、

ねぎらいました。






11日の震災から、今日で10日目。

比較的、被害の少なかった当地はまだ恵まれている。

地震直後の停電、翌日からの断水。

あとは、燃料不足があるが

言い方は悪いけれどそれで「済んだ」



去年からのクリスマスから元旦までの

大雪による停電を経験したことも

幸運だったのかもしれない。



漠然とでも、心構えは出来ていたのだと思う。





私は、正月停電を経験して

停電の場合の手動給油を

話のタネ程度の興味半分で聞いていた。




それが良かった。



そして、

普段から携帯電話のバッテリーの予備を保持

ノンスペース型のスタンドでホースを下ろしたまま

など、

幸運が重なった。





おかげで、通電まで携帯電話は使用可能

ホースが上がっていれば、高所作業車でない限り給油は不可能だったものを、

ガソリンだけはぶら下がったホースから

手動で供給が可能だった。






そして、携帯ワンセグより東北の太平洋沿岸が壊滅

停電は東北全域に及ぶというニュース情報。



即、「コンビナート、製油所もダメだな!」と連想。

発電機、車の燃料。

新聞屋なので予備のガソリンの保存。

余震が続く中、かなりあわてて準備をした。




周囲は比較的楽観で

「すぐいつもどおりになるさ、あわてるなよ」と。

自分も「心配性なんだろうなぁ」と思っていたが

今回は幸いに転じたようだ。




夜になっても電気がこない。

近所の銀行のATM用非常発電だけが明るく

あとは、車の明かりのみ。

夜がこんなに暗いとは、



「江戸時代ってこんな感じなんだろうな」とふと思う。





翌日、電気がこないので引き続き手動ポンプ

途中から、近所の農機具店からの提供で

同型100Vのモーターと交換。

やっと、手動から開放される。




うちが勝手に指定している、

緊急車両(警察・消防・東北電力・水道事業所、担当消防団、役場災害指令など)に給油して

一般者は、5リットル制限。






その日の夜遅くに電気が通った。





スタンドの不幸は中東情勢からの燃料価格の上昇、

売れ行きが悪くなると思い、仕入れを絞った。



地下タンクに隠していると思われるドライバーが多いようだが

地下タンクの油は、そのまま在庫になり翌月には支払う。

当然、不良在庫は持たない。


通常の商売であれば、

売れないのに在庫を抱えることはないと思う。



スタンドも例外ではない。



だから、多くのスタンドが、「本当に在庫がないのだ!」と思う。



そして、翌日からは

いつくるかわからない燃料と

地下タンクの在庫を見ながら

供給を続ける日々。



周囲からは「出し惜しみしている」という目

「なぜ売らない」と怒鳴られ、脅され、つかみかかられる

スタンドマンも多かったと思う。




タンクローリーが現れたときは

本当に「救世主」に見えた。

泣き出しへたり込んだ、女性経営者もおられたと聞く。





普段は安いセルフなどの店に行き、

あるいは24時間営業の大型店に行き、

お前のスタンド「高いから行かないよ」

と「友人」にいわれても

「しょうがないよね」と笑顔で対応。





それを悪いとは言わないが


こういうときに、

それでも普段来てくれるお客さんを

「優遇するのは不公平」だと怒鳴るお客さん。

友人だと主張する、同級生。

被災地に行くといって泣き落とて給油して

言ったはずの日に周囲で買い物している知人




セルフの影響でガソリンスタンドは

「ガソリン自動販売機」だと思われているんでしょうね。





これまで「頑張ろうと思っていた」個人の小さいスタンドは

このような仕打ちをどのように感じているのでしょう。

この後の、地下タンクの老朽化による廃業も加速するのでは?










原発事故もあり、

電気はクリーンエネルギーと言っている

日本のエネルギー事情も変わってくると思います。




電気、ガス、石油。

エネルギーは色々あるけれど

目に見えて、容器に入れれば移動も出来、

内燃機関があれば電気、動力を得られる石油燃料。

その存在がどのように変わっていくのか

一介のスタンドマンにはわかりません。



願わくば、多くの方が

これをきっかけに

考えていただければと思います。






ホント、この10日間、

色々なことがありました。

しかし、被災地で頑張っている人も居ます。

全国のスタンドマンのみなさん

たくさん大変だと思いますが

頑張りましょう(^▽^)v




※twitterでも発信しています。

http://twitter.com/nori_funnydad
  1. 2011/03/21(月) 06:41:10|
  2. 東日本大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funnydad.blog110.fc2.com/tb.php/407-14da460b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。