funnydad's diary

マジック&バルーンを趣味とする、変なオヤジの日常日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災から一週間、現地の情報と支援の思い


地震が起きたのが11日の金曜日の夕方

岩手県下が全域停電だったこともあり

土日は人やものの動きが止まり

月曜日、出社して現場が明らかになり始める。

そして一週間。




周囲の状況

被災地に行ってきたから人からの話

現場の状況。



高速道路は規制

鉄道は少しずつ復旧したもの断片的

一般道もあちこちで渋滞。

さらに、燃料不足。

うちのスタンドにも燃料が届いていない、

輸送業者の配送センターが仙台の被災地にあったためだろう。

「えぇ?、送れるって? 何とかしてくれよ!」

「すみませ?ん、ご理解ください(笑)」

いつもの、電話の向こうのオペレーターさんたちの声が

何度も繰り返し耳の奥に聞こえてくるような気がする。

みなさんとは、現在も連絡が付かない。





東北の動脈がほぼ動いていない。




国道4号線、

東京都中央区から青森県青森市へと通じる東北の動脈

ここから被災地までは

岩手町→久慈

盛岡→宮古

花巻、北上→釜石

奥州(水沢)→大船渡

一関→陸前高田、気仙沼

の主要ルートが考えられるが

どれも、北上山地越えのアップダウンの多い山道。

そして、盛岡→宮古間は道のりにして130km



さらに、3月という時期、

下手に枝道に入ろうものなら

積雪や倒木で通行止め。







何が言いたいのかというと、

「支援したいという一時の感情で

むやみに少ない補給路に飛び込まないでほしい」

ということです。




向かわれた方の情報を聞くと

ところどころ渋滞していたとか。



現地も混乱していて、駐車場なんてあるわけがない

役場もなくなった地域もあり

指示系統なんてめちゃくちゃ

情報の錯綜なんて日常茶飯事だろう。



電気、水道、携帯の電波なども期待できず

気温も1桁、夜温はマイナスにもなる。

スタッドレスタイヤを履いていて

現地についてからの数日間

周囲に頼らずに行動できて

行く場所が特定できる人意外は

現地からの求め以外には

行くべきではないと思う。




炊き出しに向かった友人もいるが

私にはそんな技術もない。


うちも灯油の支援を考えてはいるが

一介の小規模スタンドなので

たかが知れる量。

今は、知り合いの避難場所が見つかれば

そこをめがけていこうと思っている。



(でも、行ったのがわかれば地元の人たちには

「それよりオレよこせ」と怒られるんだろうな(??;)





twitterやmixiやブログ、あちこちのSNSで


情報を発信している影響で

多くの方からの支援の相談をいただくが

そちらの専門ではないので

すべてIBCさんやTVI、岩手日報

盛岡市役所辺りに案内することになる。




こっち側にいる私たちは

気持ちは落ち着かないが

声がかかれば行けるような

体制をとってもらいたいと思う。




救助から、支援、復興はこれからなのだから。
  1. 2011/03/17(木) 07:12:49|
  2. 東日本大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funnydad.blog110.fc2.com/tb.php/406-eca3bdec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。