funnydad's diary

マジック&バルーンを趣味とする、変なオヤジの日常日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

また発砲ですか

「[佐世保乱射]献花続々 事件へのやりきれぬ怒り」
ライブドアニュースより


日本は法治国家で、銃などの武器は禁止されているはず。
なぜ、このような事件がおきるのか。


私は一時期銃に興味を持ち、所持資格や方法を聞いたことがあります。
といっても射撃でオリンピックへ行こうという安易な考え。
日本の法律で銃の所持は一定の歳以降だったかと。
当然、射撃というスポーツは出会うことさえまれなスポーツで、
自衛官や警察官になった人が必要に応じて訓練するものです。

でも、スポーツならば練習量が物を言うはずということで、
いくらでも早く目標を持って取り組めばオリンピックも夢じゃない。
という雑誌のコメントを鵜呑みにしてしまいました。

しかし、数十万円もする銃の代金、ソレと同等の鍵付き保持ロッカーの
常備義務、射撃場の少なさと弾薬という消耗品。
金のかかる趣味ということで、一瞬にして興味がさめました。


ということで、日本では一定の条件を満たせば銃の所持は可能です。
しかし、使う場所なんてほとんど無いのが実情。
「華麗なる一族」みたいにハンティング出来る場所も
かなり狭くなっているみたいですしね。

ましてや周囲の住民に反対をされているような所持者なんて
論外だと思いませんか?

でも、一度許可したものは明らかな「疾患」や「事件性」でも無い限り、
取り消せないが実情のようですね。
(注・上記は確認を取ったわけではありません)

初動で被疑者を取り逃がし、死亡させてしまった警察の責任は別として。
法治国家としての銃刀法のあり方は見直すべきだと思います。



ちょっとまじめな記事でした(^^;
  1. 2007/12/16(日) 08:57:12|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://funnydad.blog110.fc2.com/tb.php/136-5c71f115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。