funnydad's diary

マジック&バルーンを趣味とする、変なオヤジの日常日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さて、愛宕神社夏祭り。

さて、今日から二日間、地元岩手町は愛宕下地区「愛宕稲荷」の夏祭りです。
通称「愛宕下裏通り」を歩行者天国にして、夜店の出店、神輿の運行、民謡ショーにカラオケ大会と、暑い夏の夜を盛り上げます。

一説には述べ2000人の来場があるそうで、実は結構大きな祭りなんだなーと感心しています。


さて、ここ数年は夕立に襲われている「愛宕神社例祭」。今年の天気は曇りです(-"-)

日程は「愛宕組&愛宕下&江刈内の情報」に書いてました。



さて、神輿の運行はいつもどおり、担ぎ手の中学生が集まれば出来そうですがやや不安。

ドリンクコーナーは今回初場所での設置。以前は裏の広場だったのをお祭り広場の入り口付近に移動。運営本部では「ビアガーデン」と称しているようですが、未成年も多いのであえて「ドリンクコーナー」や「売店」と呼んでいます。

例によって、本職のパブ経営の友人に協力を依頼しての運営。お客さんの流れによっては大忙しとなる予想。

バルーンやっている暇があるのか? フレアは未熟ながら今回は保留。などなど不安と期待が入り混じって当日の朝を迎えています。


余裕があったら今晩日記の更新しますね。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/23(水) 07:11:53|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マジックの心得

始めのころは、マジック・手品は興味本位で覚え。

人前でマジックを見せるようになって、

いつの間にか「優越感」が生まれ、

演じても演じても満足が無くなり。

気がつくと「少し距離を置く」を繰り返していた。


マギー司郎さんをはじめとするマギー一門、前田知洋さん。

ミスターマリックなど第?次マジックブームの現在、

マジックの技術だけでなく、マジックを演じることを考える時期だと思います。



日常の道具で少しだけ不思議を演じるミスターマリックの超魔術。


お話と少しどじなマジシャンを演じて笑いを誘いつつ

最後にはきっちり締めるマギー一門のお話(お笑い)マジック


卓越した技術で周囲を魅了しつつ、一瞬失敗したと見せかけ観客を巻き込み、

最後にはどんでん返しの前田マジック。


ほかにも、私の好きなスタイルのふじいあきらさん、

テレビ中心に活躍しているセロさん、マルコさん。


すごい技術は当然のことながら、それを見せつつ観客を魅了する技術。





そんなわけで、人に見せる技術が確立しない私は、

コインマジックとコインフラリッシュをこっそり練習しながら、

バルーンに浮気しつつ、フレアとジャグリングを続けています。


結局マジックは観客側になっているようです。

テーマ:マジック、手品 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/20(日) 10:59:03|
  2. マジック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

マジックをはじめたきっかけ。

マジックを始めたきっかけは、ユリゲラーの超能力だったと思います。
それ以前に、小学館「○○○のふしぎ&ひみつシリーズ」でも「てじなのふしぎ」という本は熟読、実践していたように思います。


あすかあきお氏の「ザ・超能力」にも魅せられました。「実はやりかたがあるんだよ」の名台詞は今でも記憶に残っています。しかも、超能力の存在は否定しないが、現在の情報の中から同じことが出来るということを証明していくというやり方は、いまでもかなり影響を受けています。

テレビでセロ氏やマルコ氏のマジックを見てながら「手品が趣味でしょ。アレどうやるの?」ときかれると「似たようなやり方は想像がつくけれどねぇ。実は本当に超能力かもよ」という感じですね。


そして、インターネットをはじめるようになってコチラのサイトを参考にさせてもらっていました。
マジェイアの魔法都市案内

マジック・手品の技術だけでなく、マジックを行う時の心得や演じる際の考え方なども参考になりました。

テーマ:マジック、手品 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/07/19(土) 07:37:36|
  2. マジック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。