funnydad's diary

マジック&バルーンを趣味とする、変なオヤジの日常日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハロウィン

本日はハロウィンです。

ハロウィンは英語圏の伝統行事で、ケルトの収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものといわれています。そして、カトリックの万聖節の前夜祭にあたるのが10月31日、またケルトの一年も10月31日で終わり、この日の晩は死者の霊が家族を訪ねてきたり、精霊や魔女が出てくると信じられていて、魔よけの仮面をかぶり焚き火を炊いていました。

また、家族の墓地におまいりするなど日本のお盆のような習慣がある地域もあります。墓地ではあちこちで蝋燭を点けるため、墓地の全体が明るく大きなランタンに見えるそうです。

これに因み蕪(カブ)をくりぬいたて蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化け蕪)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねます。家庭では、蕪の菓子を作り子供達は貰ったお菓子を持ち寄って、ハロウィン・パーティーを開いたりします。

この蕪がアメリカにわたってカボチャに変化して、現在のカボチャのオバケランタンなったようです。
※参考フリー百科事典「ウィキペディア」ハロウィン


我が家のオバケたちもカボチャのお面を作ると大騒ぎでした(^^)
スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 07:21:45|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニコンデジタル一眼レフ「D3」の予約

ニコンのデジタル一眼レフ「D3」の予約の受付も始まっているみたいですね。でもD3の希望小売価格を見てビックリ&納得の価格体でした。
ニコンのデジタル一眼レフ、そのフラッグシップと宣言されるD3だけにこの価格は納得してしまいました。参考にしたのは「カメラのきむら」さんですが、ほかのお店でも大きくは変わらないでしょう。

私はまだまだ腕が負けそうですのでと負け惜しみを言いながら、ニコンのデジタル一眼レフ「D3」は眺めて楽しむだけとします。



  1. 2007/10/24(水) 07:38:14|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニコンD3&D300

ニコンのデジタル一眼レフ「D3」と「D300」が発表されましたね。発売日はどちらも11月予定、年末商戦には間に合ったようで、カメラ雑誌などでは特集が組まれていました。
さてニコンのデジタル一眼レフ「D3」と「D300」はツートップともいえる両機ともニコンのフラッグシップモデル、ニコンが新しく提案するFXフォーマットの「D3」、ニコン独自のDXフォーマットを採用した「D300」、どちらを選ぶかは悩むところですね。

といっても、D300では20万円以上、D3では50万円以上の予想価格では私にとっては高嶺の花。眺めて楽しむだけで良しとしましょう。

本当はニコンD80の後継機を待っているんですけどね(^^)/
  1. 2007/10/21(日) 16:22:16|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。